1. ホーム
  2. 漢方薬セルフチェック 自律神経失調症

漢方薬セルフチェック 自律神経失調症・神経症・うつ病

自律神経失調症   神経症・うつ病

この病気は、交感神経と副交感神経のバランスが何らかの原因によって崩れることで、様々な症状が現れます。
よく見られる症状としては下記のようなものがあります。
めまい、ふらつき、動悸、倦怠感、食欲不振、不眠、耳鳴り、
イライラ、頭痛、発汗、気力低下、不安感、のどの異物感など

また、この病気は
[1]ストレスの影響を受けやすい性格の人
  (神経質、まじめ、几帳面、心配性)
[2]ストレス・過労がたまっている人
[3]不眠などで生活リズムが不規則な人
[4]女性で性ホルモンの周期が不規則になっている人
  (更年期や妊娠、出産など)

などがかかりやすい傾向にあります。

漢方には「気・血・水」という考え方があり、自律神経失調症は「気」の異常と考える場合が多いです。単に「気」の異常といっても、
①気が不足している場合←気を補います
②気の流れが停滞している場合←気の流れを促します
③頭に気が集中する場合(のぼせやすい人)←気を静めます
④気は充実してるがストレスなどによりうまく巡らない人←代謝を促します

などあります。
体質、症状を考慮し、体のバランスを整えるという漢方の治療は自律神経失調症に対して大変有効なことが多いです。
自律神経失調症に対する西洋薬は症状の数だけ薬が出たり、改善が見られない場合、徐々に増えていくことが多いですが、漢方薬と併用することでそれらを徐々に減らしていく助けにもなります。

 

◆自律神経失調によく使用する漢方薬

●虚証・・・一般的に体力がなく疲れやすい人で、体格はやせ形~中型です。
        ( 体力のある人でも過労や病後で一時的に虚証になる場合があります。)

●実証・・・体格が良く体力もあり、声も大きく、胃腸が丈夫な方です